仕事市場

それは国家の義務の一つは、仕事への雇用創出を定義し、そして仕事が辞書に定義されている関連していることもできます。一方、それは定義が関連していた期間によって契約の言葉として、抽象的な概念、国際市場を購入し、販売している国内市場を置き、商品として商品やサービスに交換されます。言い換えれば、それは労働市場の観点から職業に関わる国家の供給と需要を表しています。国内の労働市場が見えます。近年では給与水準の見直しを要求するために、フルタイム、需要サイドの仕事を支払うために重要な給与の減少が人気となっています。賃金水準に2008年にフルタイムの従業員の増加を約束している企業は約40%でした。 2006年には、数字が増え、賃金の圧力があり、最後の年、2007年度に増加し続けています。業種によって労働市場を見てみると、製造業とサービス業は最高レベルとなっています。基本的に反応し、不動産や金融会社の分野では、少数でした。現在の労働市場では、賃金上昇圧力を高めて行くために一致するように、ビジネス側が賃上げに適しているようです。しかし、このような非正規雇用であるパー​​トタイムの従業員と契約、などの人がいずれかの労働市場での治療を受けています。 2007を超えるただ、これらのわずかな増加は、同社が2008年に非正規従業員の基礎に応え約20%です。何の昇給がないことを回答した企業は、それが正社員よりもかなり厳しい雇用市場が救援になっています、40%以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!