標準的な体型と肥満について

体重や体型を抑えたい人は、肥満になりやすい傾向があります。標準重量として一般的に使用されるBMI法の式は、標準重量=重量÷高さx高さです。 18.5以下のボディマス指数は太りすぎであると言われ、少し体重を増やす必要があります。通常の体重は、BMIが18.5〜25の範囲にあることを意味します。肥満は25のBMIからですが、さらに細分化されています。 25から30は肥満1、30から25は肥満2、そして5刻みで肥満3と4です。ボディマス指数は身長と体重のみから計算されるため、体脂肪率は無視されます。そのため、太いものは少しスリムで見やすくなります。実際、肥満の人でさえ痩せているようで、一般的に体重を減らす必要はないと考えています。モデルの体型は、目指すべき体型だと思っている方もいらっしゃると思います。モデルの体型は必ずしも標準の体型ではありません。それらは通常の体重よりも薄く、しばしば太りすぎと見なされます。あなたの体重を知ることは自己管理にとって重要ですが、それはあなたがあなたの体重だけを判断し、あなたの体重に合うようにあなたの体脂肪とあなたの体の大きさを測定することができるものではありません。あなたが太りすぎではなく、あなたの体が変わらないことを確認することも重要です。普通に太ったとしても、体型を崩しても意味がありません。あなたが食事療法を食べるとき、あなたの筋肉を維持するためにそれを運動と組み合わせてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!