ダークピグメントスポットによるシミとくすみ

場合によっては、汚れやくすみの正体が古い色素斑として現れることがあります。 30代から20代前半の人々は、20歳以上に発生する可能性のある傷やくすみがあり、老人性と呼ばれていますが、若い人に見られます。 40代の60%が持っていると言われており、大人は数センチに達することができます。ダークスポットの原因は、長時間の蓄積による紫外線の影響です。いわば、5年から20年前の紫外線の影響で核細胞が弱まり、メラニンが過剰に生成されることも珍しくありません。年齢は直接の原因ではありません。子供の頃から強い紫外線の下で日常の仕事やスポーツをしている人や、肌がきれいで紫外線に敏感な人でもできると言われています。顔だけでなく、紫外線にさらされることが多い腕や肩の後ろにも傷やくすみができると言われています。顔や体に傷やくすみが増すと古く見え、実年齢とはかけ離れてしまうので、対策を講じることをお勧めします。できるだけ多くの紫外線にさらされないように保護しますが、ダークスポットを取り除くことは困難です。皮膚科や美容整形ではケミカルピーリングやレーザー脱毛が可能ですが、肌の種類によっては傷跡が残る場合がありますので、事前にご相談ください。日々の心を込めて、シミやくすみのない状態を維持するのは未来の白化です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!